とある経済学部生の徒然日記

大学生である著者の雑記です。日々の生活で思ったことや趣味に関することについて書いています。

ストレージからの発掘

 アドバンス召喚軸大幅強化?

先日、近所のカード屋にあるストレージを漁っている時にいいカードを見つけました。

 

その名も…。

 

ドラゴノイド・ジェネレーター

 

※効果等の詳細は公式HPや遊戯王ウィキでご確認ください。

 

1ターンに2体までトーク特殊召喚することが出来る永続魔法です。

 

しかし、その効果を使用したターンはEXデッキからの召喚が不可能となります。

さらに、エンドフェイズ時に相手のフィールドにも同数のトークンを召喚しなければならないという効果もあります。

 

これらの効果が活かせる・デメリットになりにくいテーマとしては帝や真竜などのアドバンス召喚を多用するテーマが挙げられるでしょう。

 

  

また、三幻神等の3体以上のリリース素材を必要とするデッキにも使えそうです。

 

帝での運用方法

ここからは、私が実際に帝デッキ(0帝)に投入し、周してみた上での同カードの運用方法を紹介します。

参考になるものがあれば幸いです。

どの枠に入れるか

運用方法の前に、まずは帝デッキのどの枠に入れたかを書いておきます。

 

それ以前の私の帝デッキは闇帝*1と言われる型に近いものでした。

 

しかし、このカードがあれば事故率は防げると考えたので闇帝型を辞めて純帝(魔人入り)+ドラゴノイド・ジェネレーターという構成に変えました。

 

  • 闇の誘惑×2、カイザーブラッドヴォルズ×1⇒ドラゴノイド・ジェネレーター×3
  • その他闇系数枚⇒帝カードや汎用魔法・罠へ変更
運用方法・コンボ

運用方法は、トークンを特殊召喚し帝・魔人のアドバンス召喚(生贄召喚)のためのリリース素材として利用するという方法のみです(壁等もありですが…)。

 

そして、コンボという程でもありませんが、光帝クライスと組み合わせるとドロー強化に繋がります。

  1. トークン×2召喚⇒1体リリースしクライス召喚・効果発動⇒残りのトークンとジェネレーターを破壊して2枚ドロー。
  2. エンドフェイズに相手フィールドにトークン召喚⇒連撃orアイテールによってクライス召喚・効果発動⇒相手のトークンを破壊してドロー。

この2つのやり方が結構使えます。

 

今後は帝での他のコンボや、真竜デッキでの採用を考えてみたいと思っています(またストレージ漁らなくちゃ)。

多様な可能性を秘めたカードなので皆さんもぜひ使用してみてください。

 

今回はこれで終了です。

お読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

 

*1:闇属性の帝・低級モンスターを採用し、闇の誘惑によって事故率を下げる形