読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある経済学部生の徒然日記

大学生である著者の雑記です。日々の生活で思ったことや趣味に関することについて書いています。

「無駄」な勉強

雑記 戯言 勉強

成績が良くても…。

 

先日、今年度の成績が記載された書類が家に届いた。

 

前後期共に最高評価とそれに準じる評価のみで、単純に嬉しかった。

 

しかしそれと同時に、この国では大学の成績がほとんど評価されない事実も思い出してしまった。

「日本の大学生は勉強しない」と嘆く方が時々いるが、いい成績をとっても評価されないことを知っていて勉強に励む者がいるのだろうか。

 

もちろん、勉強の大切さ、面白さに気が付いた一部の学生は自動的に勉強に励むだろう。

だが、その他多くの学生はどうだろうか。

 

高校までの暗記編重の教育により、勉強の面白さに気が付かないまま大学に入学し、入学後の成績もほとんどまともに評価されない。

そんな状態で勉強へのモチベーションを保つことは至難の業であろう。

 

そのため、彼/彼女らの多くは飲み会とアルバイトの「ルーティンワーク」に励んでしまうのだ(それで就職も出来ちゃうし)。

 

これで他国の大卒者に対抗できるのだろうか。

ろくに勉強してないのに、人件費が先進国レベルの人材はこれからドンドン国際的に淘汰されていくだろう(怖い)。

 

日本の大卒者の質を低下させたくなければ、企業は「人物評価」やその場しのぎの筆記テスト、暗記頼りの資格で学生を評価するのをやめるべきではないだろうか。

 

大学の成績を出来る限り評価することは、企業のCSRにもなる。

 

もし会社を作ることになったら私は成績評価をきちんとしたいものである。

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。もしよければ読者登録していただけると嬉しいです。

 

追記:「就活が忙しい」と言い訳せず、更新頻度を上げていきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いします。

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

watao821-1995.hatenablog.com