読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある経済学部生の徒然日記

大学生である著者の雑記です。日々の生活で思ったことや趣味に関することについて書いています。

私は帰ってきたー!!

意外と硬派な「帰ってきたヒトラー

残念、アナベル・ガトーの話じゃありません。

 

TSUTAYAのクーポンが使えたので、前々から気になっていた映画帰ってきたヒトラーBlu-ray(準新作)をレンタルしました。

 

CMやケースの感じからはポップな印象を受けましたが中身はなかなか硬派な内容で、最近話題に取り上げられるEU各国の右化傾向に対するメッセージが込められています。

 

少しネタバレ

全体の内容をネタバレをしない程度にざっくりと紹介したいと思います。

 

この映画はタイトルにあるように、死んだはずのアドルフ・ヒトラーが2014年のドイツにタイムスリップすることから始まります。

 

ヒトラーを見たドイツ国民は彼をヒトラーのモノマネをしている人だと思い接していき、その様子がSNSなどに取り上げられたことで一躍有名になります。

 

その後、知り合ったフリージャーナリストと共にドイツ国内各地を人々の社会に対する不満を聞きながら周っていきます(主な不満は国内の移民・難民へのものでした)。

 

人々の悩みを聞いたヒトラーはこれを解決しようと考えます。

そして、ちょうどその頃に来たテレビへの出演オファーを利用して、自分の考えを社会へ発信していきます。

 

演説がうまく、的を射た発言をするヒトラーは右派の人間からさらに人気を集めます。

しかし、行動を共にしてきた先のジャーナリストはヒトラーの意図が大戦時と変わっていないことを懸念し始め、ヒトラーが本物であることにも気が付いてしまいます。

 

周りの人間がヒトラーを崇拝し始めるなかでヒトラーを批判する「おかしいやつ」になってしまったジャーナリストは…。

 

続きは劇中で。

 

メイキングは必見

 

また、収録されているメイキング映像も面白く考えさせられる内容です。

 

独特な撮影方法や政治的な発言をするヒトラー役の俳優の話が収録されており、本編の視聴後に見ると、本編をもう一度見直したくなります。

 

極端な話、時間の無い方はメイキングだけ観てくださっても構わないと思います(配給会社に怒られる)。

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

記事を読んで興味をもってくださった方はぜひ帰ってきたヒトラー観てみてください!

 

余談

就活が本格化し始めたので、暇人である私もさすがに忙しくなりそうですが当ブログはマメに更新していきたいと思っています。

 

更新の励みになるので、よかったらリアクションをお願いしますm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com