読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある経済学部生の徒然日記

大学生である著者の雑記です。日々の生活で思ったことや趣味に関することについて書いています。

利便性の犠牲者

ヤマト運輸が労使協議を開始

 

「送料無料!」。

 

Amazon楽天市場で買い物をしているとこのワードを目にすることが多いだろう。

買い手にとっては安く買い物が済むので嬉しい限りだ。

 

また、配達時に不在だったとしても一切手数料を加算されることなく再配達依頼をすることができる。

海外では手数料をとることが当たり前な再配達も、「おもてなし」の国である日本では無料サービスなのだ。

 

f:id:watao821-1995:20170303134717j:plain

 

しかし、こうした便利な配達サービスは、配達員たちの長時間労働によって成り立っていることから目を背けてはならない。

 

私の友人にも某企業で配達員として働いている者がいるが、昼休憩の時間も取れず、月に300時間も働いたこともあると言っていた。

そんな勤務状況では、1年以内離職率50%前後となっているのが当たり前だそうだ。

 

業界大手であるヤマト運輸では、そうした配達員の長時間労働が慢性化している状況を改善するために社内労働組合が動き労使争議が開始された。

 

労組の要求は、来年度の扱う荷物量が今年度の取り扱い量を超えないように対策すべきというもので、経営側は時間指定配達の見直しなどを検討している。

 

ヤマト運輸だけでなく業界全体としても、駅での宅配ボックス設置やコンビニ受け取りの普及による対策を検討中だそうだ(コンビニ店員の業務量負担が増す点はどうするのか…)。

 

私は、ヤマト運輸労組の行動は長時間労働の抑制と利用者の意識改革の点から見て評価できると思う。

 

だが、ただでさえ多かった荷受け量を前年度より増やさないだけでは、長時間労働の現状が改善されることはなく、現在より過酷な環境になることを防ぐだけで帰結してしまうのでないかという懸念は残る。

 

今後の労使協議の展開に注目すると共に、一人の利用者として意識を変えたいと思う。

 

参考文献 毎日新聞「社説」2017/03/03朝刊

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

私は帰ってきたー!!

意外と硬派な「帰ってきたヒトラー

残念、アナベル・ガトーの話じゃありません。

 

TSUTAYAのクーポンが使えたので、前々から気になっていた映画帰ってきたヒトラーBlu-ray(準新作)をレンタルしました。

 

CMやケースの感じからはポップな印象を受けましたが中身はなかなか硬派な内容で、最近話題に取り上げられるEU各国の右化傾向に対するメッセージが込められています。

 

少しネタバレ

全体の内容をネタバレをしない程度にざっくりと紹介したいと思います。

 

この映画はタイトルにあるように、死んだはずのアドルフ・ヒトラーが2014年のドイツにタイムスリップすることから始まります。

 

ヒトラーを見たドイツ国民は彼をヒトラーのモノマネをしている人だと思い接していき、その様子がSNSなどに取り上げられたことで一躍有名になります。

 

その後、知り合ったフリージャーナリストと共にドイツ国内各地を人々の社会に対する不満を聞きながら周っていきます(主な不満は国内の移民・難民へのものでした)。

 

人々の悩みを聞いたヒトラーはこれを解決しようと考えます。

そして、ちょうどその頃に来たテレビへの出演オファーを利用して、自分の考えを社会へ発信していきます。

 

演説がうまく、的を射た発言をするヒトラーは右派の人間からさらに人気を集めます。

しかし、行動を共にしてきた先のジャーナリストはヒトラーの意図が大戦時と変わっていないことを懸念し始め、ヒトラーが本物であることにも気が付いてしまいます。

 

周りの人間がヒトラーを崇拝し始めるなかでヒトラーを批判する「おかしいやつ」になってしまったジャーナリストは…。

 

続きは劇中で。

 

メイキングは必見

 

また、収録されているメイキング映像も面白く考えさせられる内容です。

 

独特な撮影方法や政治的な発言をするヒトラー役の俳優の話が収録されており、本編の視聴後に見ると、本編をもう一度見直したくなります。

 

極端な話、時間の無い方はメイキングだけ観てくださっても構わないと思います(配給会社に怒られる)。

 

それでは今回はこの辺で失礼します。

記事を読んで興味をもってくださった方はぜひ帰ってきたヒトラー観てみてください!

 

余談

就活が本格化し始めたので、暇人である私もさすがに忙しくなりそうですが当ブログはマメに更新していきたいと思っています。

 

更新の励みになるので、よかったらリアクションをお願いしますm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

明日は我が身

明日から始まる…。

いよいよ2月が終わる。

 

そして、来月3月から表向きに「選考開始」となりシューカツが本格化する。

残念ながら私もその一大イベントに参加することになる。

 

親の400万円で買った学生生活の時間を使って、パワポの棒読みを聞いたり、「手書きの字から能力が分かる」と仰る「超能力者」と戦わなくてはならなくなる。

 

「超能力者」が悪魔の実を食べたのか、一年戦争で目覚めたのかは知る由もないが、手強い相手であることは確かだ。

 

また、明日の0時からプレエントリーが始まるようだが、私はこの方法はいかがなものかと思う。

エントリーボタンの押し合い、早い者勝ちのようになってしまっていて全く「紳士的」でない。

 

早い者勝ちでは、企業側が優秀な学生と出会う確率も下がってしまう。

 

もっとしっかりと学生の能力が適切に反映される方法で「足切り」したり、一部の企業が行っているような独自サイトの利用や、往復はがきのやりとりなどでエントリーさせるべきだと思う。

 

エントリーボタンを早く押すことなんて、誰にでもできるのだから。

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

川の中の赤い彗星

か、実にいい色だ」

 

先日、近所の川辺を散歩している時にこのシャア・アズナブルの台詞を頭の中でつぶやきました。*1

 

なぜかというと、川の中に金魚のような赤い色をした鯉を見つけたからです(品種改良ってすごいなぁ)。

 

f:id:watao821-1995:20170227111104j:plain見にくくてすみません。

 

体長は30センチくらいで、かなり浅いところで泳いでいました。

ところどころにある黒色の箇所がいい味を出しています。

 

残念ながら通常の3倍のスピードで泳いだりはしていませんでしたが、早い流れに逆らって元気よく泳いでいました。

しかも、たった1匹で…。

 

真っ赤な色で目立ちながら、たった1匹で強い流れに逆らって泳いでいくその姿から我々人間が学ぶことがあるような気がします。

 

短いですが今回はこの辺で失礼します。

 

そろそろまた硬派な記事も書かないとな(^^;

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

 

*1:ジ・オリジン 暁の蜂起での台詞

他人≠奴隷

言うことを聞かせるはイカれてる

どんな人だって、自分の言うとおりに他人に動いてほしいと思う機会は多々あると思う。

それ故に、他人が言うことを聞いてくれないと苛立ちを感じ、短気な性格であれば怒鳴ったりすることもあるだろう。

 

例えば、会社員の「部下が言うことを聞かない」や、教員の「生徒が言うことを聞いてくれない」という決まり文句が、そうした苛立ちから生じる発言だ。

私も、他人に自分の思い通りに動いてほしいと思ったことは何度もある。

 

だが、最近私はこうした「言うことを聞かせたい」という発想があまりにも傲慢でイカれた発想であると考えるようになった。

 

そう考えるようになったきっかけは、通学中の電車の中で、母親の言うことを聞かない幼児(おそらく2~3歳)を見たことである。

その様子を見て私はこう思った。

 

小さい子供ですら母親の言うことを聞かないのに、大人が他人の言うことなんてそう簡単に聞くわけないじゃあないか。

 

なんだかジョジョの台詞のようだ。

 

こう思うようになってからは、何だか気持ちが軽くなったような気がし、前述のような決まり文句を発する大人は怠惰だと考えるようになった。

彼/彼女らは部下や生徒を奴隷か何かと勘違いをして、自分の要求を聞いてもらうように工夫する労力を惜しんでいるのである。

 

言い方や態度を工夫すれば要求どおりの行動をとってもらえる可能性は上がるだろう。

また、部下や生徒の話を聞いてあげれば、自分よりもいいアイディアをもっていることに気が付く可能性もある。

 

新卒によく求められるコミュニケーション能力という抽象的な「能力」は、彼/彼女らの上司にあたる人間にこそ求められる能力なのかもしれない。

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

スリーブの色が映えるプレイマット

プレイマットを買いました!

遊戯王カードで遊ぶ時に使うプレイマットを買いました。

 

別に必要ではなかったのですが、友人が持っていたのを見て欲しくなってしまったので(^^;

 

キャラクターなどがプリントされているものは少々高かったので、安い黒無地のものを選びました。

それがこれです。

f:id:watao821-1995:20170225225907j:plain

 

真っ黒なのでスリーブやカードの絵柄の色が映えます。

 

約1000円の割にはかっこよく使いやすいプレイマットなので、安価でプレイマットを手に入れたい方にオススメです。

 

今日は眠いので短めで失礼しますm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

ゼルダの伝説の時間軸

ゼルダの伝説シリーズの壮大な時間軸

以前、ゼルダの伝説31周年についての記事を書きましたが、同シリーズには時間軸が存在しています(おそらく非公式です)。

 

それがこれです。

f:id:watao821-1995:20170224152400j:plain

出所 

【ゼルダの伝説】時間軸壮大すぎワロタ : ゼルダ速報 ~ゼルダの伝説まとめ~

 

出典サイトのタイトルにもあるように、壮大な時間軸ですよね。

そして、この図を一目見れば分かるように、「時のオカリナ」の時代がその後の展開を左右しています(さすが名作)。

 

私の考える時間軸

しかし、私はこの時間軸はやや違っているのではと思います。

なぜなら、風のタクトの冒頭で流れる昔話でのガノンドロフが復活したという史実が抜けてしまっているからです。

 

また、時のオカリナでは時の勇者が勝利してエンディングを迎えたのに、その時の勇者が敗北したという史実をユーザー側で勝手に作ってしまっている点にも疑問を感じます。

 

以下では、そうした疑問点を踏まえて私が考えた時間軸を紹介したいと思います。

あくまで個人的なものなので「こんな考えもあるんだな」と思いながら見てください。

 

①シン・時の勇者勝利パターン

時のオカリナで勇者勝利→トワプリ→風タク→夢幻→汽車

 

こうすることで、前述した風タクの昔話を成立させることができます。

 

その昔話ではガノン復活後の記録が残っていないとされていますが、これはトワプリリンクが影の領域・世界で活躍したためにハイラルの表の歴史に残らなかったのではと考えています。

 

そして、風タク前のハイラル滅亡は3度目のガノン復活によってもたらされたのではないでしょうか(彼なら影の世界からでも帰って来れるでしょうし)。

 

また、ガノンは風タクのラストバトルで「砂漠の国で生まれた」と言っていましたが、この時間軸にすれば、時のオカリナのゲルド砂漠で誕生したという点とつじつまが合うようになります。

 

②シン・時の勇者敗北パターン

時のオカリナのラストでリンクが別の時間軸へ→ムジュラ→タルミナ脱出→ハイラルで敗北→以降図と同じ

 

ここでの敗北のシナリオは2つあります。

  1. この時間軸では単純にガノンに勝てなかった。
  2. タルミナにいる間に時間を消費し、ハイラル帰還時には間に合わなかった。

 

1つ目は特に説明は必要ないと思います。

前の時間軸で勝利したからといって、こちらの時間軸でも勝利できる保証はないでしょう。

 

2つ目の間に合わなかったというのは、浦島太郎のパターンです。

 

タルミナでは3日間を何度も繰り返したつもりでもハイラルでは何10・100年も経っている可能性があります。

 

そのため、ゼルダ姫が殺害されてしまった後に帰還、マスターソードを手に入れそびれてしまう、ガノンが世界征服をした後に帰還したなどの理由で、ムジュラリンクがガノンを倒せなかったというシナリオが考えられます。

 

4つの剣+が抜けてしまいますがそこは検討中です(笑)

 

私なりの時間軸はこんな感じです。

よかったら感想コメントをお願いしますm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com