とある経済学部生の徒然日記

大学生である著者の雑記です。日々の生活で思ったことや趣味に関することについて書いています。

ストレージからの発掘

 アドバンス召喚軸大幅強化?

先日、近所のカード屋にあるストレージを漁っている時にいいカードを見つけました。

 

その名も…。

 

ドラゴノイド・ジェネレーター

 

※効果等の詳細は公式HPや遊戯王ウィキでご確認ください。

 

1ターンに2体までトーク特殊召喚することが出来る永続魔法です。

 

しかし、その効果を使用したターンはEXデッキからの召喚が不可能となります。

さらに、エンドフェイズ時に相手のフィールドにも同数のトークンを召喚しなければならないという効果もあります。

 

これらの効果が活かせる・デメリットになりにくいテーマとしては帝や真竜などのアドバンス召喚を多用するテーマが挙げられるでしょう。

 

  

また、三幻神等の3体以上のリリース素材を必要とするデッキにも使えそうです。

 

帝での運用方法

ここからは、私が実際に帝デッキ(0帝)に投入し、周してみた上での同カードの運用方法を紹介します。

参考になるものがあれば幸いです。

どの枠に入れるか

運用方法の前に、まずは帝デッキのどの枠に入れたかを書いておきます。

 

それ以前の私の帝デッキは闇帝*1と言われる型に近いものでした。

 

しかし、このカードがあれば事故率は防げると考えたので闇帝型を辞めて純帝(魔人入り)+ドラゴノイド・ジェネレーターという構成に変えました。

 

  • 闇の誘惑×2、カイザーブラッドヴォルズ×1⇒ドラゴノイド・ジェネレーター×3
  • その他闇系数枚⇒帝カードや汎用魔法・罠へ変更
運用方法・コンボ

運用方法は、トークンを特殊召喚し帝・魔人のアドバンス召喚(生贄召喚)のためのリリース素材として利用するという方法のみです(壁等もありですが…)。

 

そして、コンボという程でもありませんが、光帝クライスと組み合わせるとドロー強化に繋がります。

  1. トークン×2召喚⇒1体リリースしクライス召喚・効果発動⇒残りのトークンとジェネレーターを破壊して2枚ドロー。
  2. エンドフェイズに相手フィールドにトークン召喚⇒連撃orアイテールによってクライス召喚・効果発動⇒相手のトークンを破壊してドロー。

この2つのやり方が結構使えます。

 

今後は帝での他のコンボや、真竜デッキでの採用を考えてみたいと思っています(またストレージ漁らなくちゃ)。

多様な可能性を秘めたカードなので皆さんもぜひ使用してみてください。

 

今回はこれで終了です。

お読みいただきありがとうございましたm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

 

*1:闇属性の帝・低級モンスターを採用し、闇の誘惑によって事故率を下げる形

お久しぶりです+お金は人を豊かにするのか?

挨拶

お久しぶりです。

 

就活を理由にしばらく更新をサボっていましたが、

状況が落ち着いてきたので今後はマメに更新したいと思います。

 

少しでも読みがいのある文章を書けるよう頑張りますので、

よろしくお願いしますm(__)m

 

お金の魔力

ブランク明け初の記事はお金についてです。

 

f:id:watao821-1995:20170710202453j:plain

 

お金に対する価値観は人それぞれだと思います。

「お金が全てだ」という方から、「お金なんてなくても幸せだ」という方等様々な考えを持つ方がいるでしょう。

 

最近の私はどちらかというと後者に近い考えを持っていました。

しかし、その考えは牧歌的なのではないかと感じ始めました。

 

たとえば、人は(少なくとも日本の多くの人)両親の貨幣の保有量で進学先を左右されます。

不景気が原因で公立の高校を受験する中学生が増えてきている、という話を耳にしたことがあると思います(私もそうです)。

 

ペットとして飼われている犬や猫であれば、動物病院の診療費が高いために、飼い主の経済力で生命を左右されます。

 

その他、お金があれば…という場面に遭遇することは多々あります。

特に、資本主義で社会福祉制度が脆弱な日本では。

 

でも、お金は人の心を醜くすることもあります。

また、人間関係が悪くなる原因になることもあります。

 

お金って本当に難しいですよね…。

 

まとまりのない文章で申し訳ございませんm(__)m

お読みいただきありがとうございました。

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

+-÷×…。

数字が苦手

なんだこのタイトル?

 

そう思った方が今回は多いかと思います。

でも、大した内容ではなく見出し通りの内容です(すみません)。

 

実は私、算数及び数学がとても苦手なのです。

 

f:id:watao821-1995:20170530003029j:plain←見ただけ気持ち悪くなる…。

 

小学生の頃はなんとか授業に付いていくことが出来ていました。

しかし、中学に上がってから苦手意識が強くなり、授業に付いていけないと感じる機会が増えました。

 

当然、数学は苦手科目となり、受験でもあまり良い点数を取ることが出来ない科目でした。

そして、進学した高校ではとうとう赤点を取るようになってしまいました。

 

他の科目ではそこまで酷い点数を取ることがないのに、数学だけ点数が平均を大幅に下回っていました。

そのため、理系進学を諦め文系学部に進学しました。

 

大学の講義では簡単なレベルの数学しか扱わなかったので、単位取得に支障は出ませんでした。

ですが、入社試験に支障が出ています。

 

数学があまりにも苦手なおかげで、筆記試験で落ちることが多く面接に進めないことが10社以上の選考でありました。

 

SPI等の勉強はしたのですが、やはり点数が芳しくありません(毎日やっている時期もあった)。

学習障害の一種が私にあるのでしょうか…。

 

とりあえず、基礎レベルの中学数学の復習に取り組んでみたいと思います。

 

 

 

読んでいただいた方で、数学が得意な方、学校・教育関係の方がいらっしゃいましたら克服方法等のアドバイスをいただけると有難いです。

 

今回はこの辺で失礼します。

そろそろ、読み応えのある文章書かないと(・_・;)

 

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

ある面接での話

呆れた面接官

 

この間、ある企業の面接を受けてきました。

結果から言うとこの時の面接の印象は最悪(私から見て)。

 

面接官の態度がデカいのは百歩譲っていいとしましょう(労使対等の原則には反するかもしれませんが…)。

 

私を少し小馬鹿にした野もまぁいいでしょう(趣味を少し馬鹿にされましたが)。

 

ただ、面接間4人中1人が堂々と寝ていて、もう1人はメモもしないのにずっと下を向いていたのはいかがなものかと思いました。

 

圧迫面接かと思われる方もおられるかもしれませんが、他の2人からは明るい・フレンドリーという印象を受けたので違うと思います。

寝方も居眠りではなく、堂々と腕を組みながらこちらに顔を向けて目を閉じていらっしゃいました。

 

さらに、私にその様子を見せないためか、1人の面接官が質問を多くして私の視線を寝ている・下を向いている2人から逸らそうとしているような印象を受けました。

 

いくら私の返答が当たり障りのない内容だったとはいえ、さすがにこのような態度を取られるといい気はしませんでした。

 

感じたのは怒りを通り越した「呆れ」の感情のみ。

 

 

人としても、労使関係対等の原則から見ても、企業のあり方としても改善すべきものなのではないでしょうか。

 

将来、面接を受けた学生がいつお客様・取引先になるかも分からないですし、すでに取引先の親族等である可能性もあるのに…。

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

「日本人」の時間感覚

ある選考での出来事

「やばい、遅刻だ」

 

ある金融機関(信金)の面接に向かう際に、電車を乗り違えてしまい10分程度遅刻することになった。

乗り慣れない路線を利用するせいで目的駅に停車しないものに乗ってしまったのだ。

 

急いで向かった結果、遅刻は5分で済み、面接を受けることが出来た。

 

f:id:watao821-1995:20170507123642j:plain

 

遅刻をしてしまったことで落選に繋がることは覚悟していたし、申し訳ないという気持ちはあったので、自己紹介の前に面接官へ謝罪をしてから面接をスタートさせた。

 

しかし、面接は面接ではなく、だいぶ早口で進む「流れ作業」だった。

おまけに私の専門科目に対して、面接官がただの経験論で意見(批判?)を言ってきた。

 

その「流れ作業」は、はっきり言ってかなり不快だった。

 

おそらくそうなった理由は私が5分遅刻したことだろう。

遅刻したことについて言い訳をするつもりは毛頭ない。

 

だが、その信金の前の選考で、私は時間通りに到着したにも関わらず1時間以上待たされた(次の時間帯の人と同じ時まで待った)。

 

こちらは1時間待って嫌な顔一つせずにいたし、その時の面接官も笑顔で「お待たせしました」といっただけだった。

それなのに、5分遅刻した学生は不快にして帰すのはいかがなものかと思う(私がおかしいだけかな)。

 

始まりの時間には厳しいが、終わりの時間には無頓着というのは実に日本的ではないだろうか(過労死するまで残業させちゃうし)。

 

そもそも、落とす人に対して不快を必要以上に不快感を与えて帰してしまうのは、まともな企業であれば損失に繋がる行為だと分かっていると思うが…。

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

センセー!!!

「先生」という言葉の呪い

 

先生という言葉は誰しも使ったことがあると思う。

私自身、保育園や幼稚園~大学、習い事などの場所で教員や講師に対してその言葉を何度も使ってきた。

 

だが、この「先生」という言葉は使われた対象を腐らせる危険な呪いを持っている。

 

よほどの人格者でないと、先生と呼ばれると調子に乗り始め他人に対して偉そうになる。

皆さんもそのような人に出会ったことがあると思う。

 

授業そっちのけで「生徒指導」で征服欲(性癖)を満たす教員や、態度のでかい政治家・落語家、塾講師のバイトをする大学生などに一度くらいは出くわしたことがあるのではないだろうか(あいつとあいつとあいつと…)。

 

また、これらの人と密接に関わっている教育業界の社員等にも態度のデカい人が多い気がする(急にタメ口きいてくるやついたわ)。

 

このような人たちは、生徒や部下以外の前でも「先生」らしい態度をとる傾向がある。これを私は呪いと呼んでいるのだ。

 

ある人曰くこの呪いは退職後も解けないらしい。

ゲームなら聖水で一発で消えるのに…。

 

以上のことを、ある企業の説明会に参加して思った(思い出した)。

ただの戯言なので笑って見過ごしてほしい。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

何かご意見・ご感想等あればコメントをお願いしますm(__)m

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯渇

アイディアが思いつかない

 

就活をしていると一時も気の休まる時間がない。

 

何をしていても就活のことが頭にある。

面接がいつかだとか、業界変えようだとか、ES書かなきゃだとか。

f:id:watao821-1995:20170416114659j:plain

 

これのせいだかは定かではないが、最近全くブログなどのためのアイディアが思いつかなくなった。

以前はメモに書きためられるくらいはネタが思いついていたのに…。

 

こう考えると就活は多くの大学3~4年生の創造性を奪ってしまっているのではないかとも思う。

 

私のような凡人のブログのネタくらいなら大したことはないが、もっと能力のある学生から生まれる発想を奪ってしまっていたら個人的、社会的に大きな損失なのではないだろうか。

 

そんなことを考えながら、昼に起き説明会のことが頭にあるまま唯一の休日日曜日を過ごす( ノД`)

 

 

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com

watao821-1995.hatenablog.com